渡りたくなる島 鹿児島県長島町
背景色 
文字サイズ  標準 拡大

⚠緊急

ツルの北帰行

行人岳でツルの北帰行が観察できます

2月中旬から3月にかけて、行人岳山頂付近ではツルの北帰行を見ることができます。ツルにとって行人岳周辺は、上昇気流をつかむ絶好のポイントとなっています。出水方面から徐々に高度を上げながら近づいてくるマナヅルとナベヅルの群れは、山頂付近で上昇気流をつかむと、旋回をはじめ一気に上昇し、一路繁殖地のシベリアへ飛び立っていきます。

北帰行は天候に左右されることから、毎日見られるわけではありません。週に1度、2週間に1度ということもあります。毎年行人岳へ通う常連客は「北帰行には快晴で北東の微風、午前8時から正午までが最高の条件です」と話します。

ツルの北帰行1ツルの北帰行2ツルの北帰行3ツルの北帰行4ツルの北帰行5

2012年のツルの北帰行情報

昨年は、2月1日から4月5日にかけツルの北帰行があり、本町の行人岳山頂付近では愛好者らがその姿を一目見ようと大勢訪れました。今年は、1月30日にツルの北帰行が始まり、4月上旬まで観察することができます(北帰行は天候に左右されることから、毎日見られるわけではありません。週に1度、2週間に1度ということもあります)。 北帰行に関する情報は、鹿児島県出水市のホームページ内にある「ツル博物館クレインパークいずみ(http://www.city.izumi.kagoshima.jp/izumi_crane/default.asp)」に随時掲載されています。

長島町の気象情報(財団法人日本気象協会)